放射線治療で癌を排除|負けたくない貴方に捧げる

先生

食生活の変化が要因

婦人

他の病気と勘違いしやすい

日本人の食生活が欧米化している現在、大腸がんに罹患する可能性が非常に高くなっています。かつての日本では大腸がんにかかる人はほとんどいませんでした。しかし食生活が日本食から欧米の肉中心の生活に変化している事からこの大腸がんにかかる人が大幅に増加しているのです。大腸がんは若い頃にもかかりやすい癌のひとつであります。そして大腸がんの生でも肛門付近にできる直腸がんにかかる人の数は大幅に増加しています。その理由は食生活なのですが、便秘で便秘薬の利用によってかかりやすくなっているのです。直腸がんは肛門付近にできますので、血便によって異変を感じます。そしてその部位から痔と勘違いしやすい傾向があります。さらに女性の場合恥ずかしさも相まって発見が遅くなりがちなのです。

発見が遅れる可能性が高い

直腸がんは腫瘍が直腸にできることがほとんどです。そのため便が細くなったり、軟便になりやすかったり、便秘傾向にあったりするケースが多くなっています。さらに便秘になると便秘薬を多用します。その結果、便秘薬の成分がさらに直腸に刺激を与え癌になりやすくなるのです。直腸がんは進行が遅い特徴があります。他の部位にできるがんとは異なりゆっくり進行します。そのため転移癌などの成長によって発見され、直腸がんであることに気づく場合もあります。この場合転移癌の成長が早いため治療方法も限られてしまうのです。直腸がんを予防するには食生活の改善が一番です。日本人ならではの食生活を行う事で罹患する可能性は極めて低くなるのです。