放射線治療で癌を排除|負けたくない貴方に捧げる

女性

大切な治療法

女性

副作用が出ることもある

癌の治療方法の一つに放射線治療というものがあります。現在では医学の進歩とともに癌の治療法は進歩していますが、主な治療法には手術、薬物療法、放射線治療があり、癌の治療では多くの方が経験するものです。放射線治療では外部から放射線を照射する方法とカプセルなどを服用し内部からアプローチしていくものがあります。癌の治療には副作用のイメージがある方が多くいますが、放射線治療にも残念ながら副作用があります。外部から放射線を照射する場合は照射された皮膚の部分が赤く痒くなることがあります。また照射する部位にもよりますが、腸に照射すれば食欲減退が顕著に現れたり、腹部に照射すると吐き気が顕著に現れたりと部位によって異なります。治療を受けるときは専門医から説明はありますが、疑問に思うことや起きた副作用の対処法などしっかりと伺うことが大切です。

比較的体に負担が少ない

癌の治療の中で放射線治療は体への負担が比較的少ないということで、多くの癌治療を行う方が取り入れる治療法です。放射線には細胞が増えるときに必要になる遺伝子に働きかけ、細胞が増えないようにしたり、細胞が新しい細胞になるときに消滅するように促す働きがあります。そのため小さな癌細胞の場合には放射線治療のみで治療を行うこともあります。また手術の前に行い小さくしておいたり、手術中に照射し細胞に直接働きかけるようにすることもあります。また、カプセルなどを服用し内部からアプローチしていくものは、肌への影響がなく必要な場所まで届くので体への負担が少ない治療法です。体への負担が少ない放射線治療ですが、行うときは何度も病院に通う必要があります。体に疲れやだるさが出ることもあるので、無理をせず休息をとることは大切です。

様々な医療の形

男性

世田谷区で通院が難しい患者さんが医療サービスを受けたい場合、在宅医療を選択しましょう。在宅医療であれば家に医師や看護師が通って来てくれます。在宅医療は病ではなく年齢による体力の低下などで医療が必要な方にも嬉しいサービスです。

More...

リンパ球の異常な増殖

看護

悪性リンパ腫になると、異常なリンパ球が増え、免疫力が低下したり、リンパ節が腫れたりします。血液検査により早期発見ができた場合には、半年ほどで完治させることが可能です。具体的には、化学療法や放射線療法で異常なリンパ球の増殖を抑えつつ、造血幹細胞の移植で正常なリンパ球を増やすという治療がおこなわれます。

More...

食生活の変化が要因

婦人

直腸がんは大腸の中でも肛門付近にできるがんです。癌の進行が遅い特徴もあり転移した癌の成長によって発見されることもあります。特に痔と勘違いしやすいため、発見が遅れるケースもあります。異常に気付いた段階で病院に行くことが賢明です。

More...